1. HOME
  2. 中型自動車免許

中型自動車免許

2007年6月に道路交通法の一部が改正されてできた運転免許区分。かつては普通自動車免許で運転できた中型車でしたが、普段マイカーしか乗らない人達がいきなり中型車に乗るのは危ないだろな・・・という考えからできたらしいです。

受験資格
20歳以上。普通自動車免許、大型特殊免許のいずれかの免許を現に受けており、かつ、当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く)が通算2年以上の方。視力が両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること。三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2cm以下であること。
この免許で運転できる車種
車両総重量が5t以上11t未満、最大積載量が3t以上6.5t未満、乗車定員が11人以上29人以下の車両。普通自動車、中型自動車、原動機付き自転車、小型特殊自動車。
2007年6月1日以前に取得の普通自動車免許(または大型免許)を保有の方
車両総重量8t未満、最大積載量5t未満、乗車定員10人以下の中型車が運転可能です。これを「8t限定」と呼びます。運転免許証の変更などは必要ありませんが、運転免許を更新すると免許証には「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されます。保有している普通自動車免許がAT限定の場合は中型車もAT限定になります。
8t限定解除
以前の普通免許保有者は8t車までの限定が付いています。「中型車の限定解除」という試験を受け、合格すると通常の中型車と同じ規格の車両を運転することが可能になります。