1. HOME
  2. 一発免許

一発免許取得奮戦記

このサイトのウェブマスターです。私は運転免許の更新を9ヵ月後に思い出し、やむ無く「一発免許」で免許奪回を果たしました。取得し直した時の喜びは相当なものでしたが「もう二度と受けるもんかっ!」というのが本音です。これだけインターネットが普及しているにもかかわらず「一発免許」に関する情報の少なさったら・・・。これは事実に基づいた詳細ドキュメンタリーです。これを参考に皆さんが安心して「一発免許」にチャレンジできることを願っています。がんばってください。

注意)この奮戦記は2003年の道路交通法改正前の出来事ですので、現在は取得段階など多少の違いはあります。あくまでもご参考までにということでお願いします。

やってもうた!うっかり過ぎる失効!

某月某日。秋も深まるある日のこと。新しいクレジットカードを作ろうと免許証を取り出した。「この写真なんとかなんないかなぁ」など思いながらふと日付を見たら「おぉぉぉぉ!期限がとっくに切れとるではないかーーーー!」自分でも信じられずに何度も何度も確認し、周りの人に「今年何年?ことしなんねん?」と聞きまくったがやはり変わらず。俺の免許証は9ヶ月も前に切れているーー!久しぶりに血の気がすーっと引いた。

ふと以前に「うっかり失効」っていう制度を聞いたことを思い出してインターネットで調べまくった。「え~っと・・やむを得ない理由で更新日から6ヶ月以内であれば・・・」キーーーー!6ヶ月かよっ!地元の運転免許センターにも電話してみたが、「あーそれはもう失効ですねー」だって。思わず運転免許証を持つ手が震えた・・。

くっそー・・絶対取り直してやるっ!

1日中考えた。「な、なんでだー。レンタルビデオ屋の会員にもなれたじゃないかー!」半ばあきらめて今度は教習所のホームページを見てみた。うむむ・・。「会社員の俺にはそんな時間はなーい」それが答えだった。「こうなったら・・」 もうふたつ返事である。ここから「一発免許奮戦記」は始まったのだった。ドライブキャリア9年をなめんなよー!

とりあえず冷静に運転免許センターに電話してみた

早速地元の運転免許センターに電話してみたところ、以外と簡単にしかも格安で取れるみたいなことを聞いたので、「こりゃいけるぞー」なんて勝手に思い込み有給の手続きを申請した。「1日もありゃー取り直んだろー」というのが当初の考えであった。免許センターの話によれば、一番最初は特に予約もなにも必要なく、当日仮免の学科試験から受ければいいとのことだった。うむうむ。

予習は市販の問題集で・・

試験まで約5日あったので、電車の中でお勉強。最近の市販問題集はひじょーによくできているのでわざわざ免許センター近くの「テスト屋」まで行かないで済む(喜)。「あれれ?なんだこれ?」最初の取得から9年も経過すると道路交通法も大きく変わっていた。ベビーシート、携帯電話・・ん?イラスト問題まであるのかー?ひえ~!「受かるかなー本当に・・」ちょっと不安な毎日でした。

試験当日(仮免学科試験)

実はそんなに勉強してなかった。電車は寝るものという習慣が抜けず、前日の夜と当日の朝しかやってない。事前に住民票やらなんやら用意してたし時間なんてないよー。(言い訳)で、当日。やたら高額な収入印紙を貼って列に並んだ。「あー懐かしいなーこの雰囲気・・」なーんて思いながら試験会場へ入室。

仮免学科試験は30分間で48問。「はいっ始めー!」の一声で用紙を表に返すと「んーじゃこりゃー!」問題集とそっくりじゃないかー。 わーいわーい。最近の問題集はほんとよくできていた(笑)。で、試験終了!結果を待つ間に食堂でラーメンを食べた「うっ・・・まずい」 この味も9年前と変わっていなかった。。。

待つこと1時間。いよいよ結果発表。あのいやらしい電光掲示板の前にずらーっと並んで自分の番号の点灯をひたすら願う時のドキドキ感ったらほんとに・・。「パッ!」 「おーーーーーー点灯しとるやんけー!」もう感激のあまり思わず泣きそうになりました(笑)

ニタニタしながらそのまま「適性検査」の列に並んであたりを見回す。やっぱりみんなもニタニタしてた。前に並んでたおじさんに声掛けたら「俺5回目でやっと合格したんだよー」なんて・・。そりゃーあなた道のりが長すぎる・・。

視力検査は例の「C」ってやつをピコッ、ピコッてやって、「あお!きいろー!あかっ!」とか言ってはいおしまーい。これに難易度なんかはありゃしない。あらかじめ持参の写真を持って奥へ進む。10分ほどで呼ばれて渡されたのが「仮免技能試験用の用紙」だった。試験管から説明があって、午後の○○時に構内コース会場に来てくださいとだけ言われた。

「先に見ておこう」と思って試験会場に行ったらでかい講習コースが見えた。技能試験で回るコースは決められていて、あらかじめコースに出て下見もできる。「ここでこうやって、ここでこうやって・・」なんて考えながらイメージトレーニングを重ねた。「んーー完璧かもしれない!」

でもやっぱりそんなに甘くはなかった・・・

仮免技能試験

自分を含め約10名くらいが今日の受験者。試験官から注意事項を聞いて早速試験開始。1台の車に試験官と次の人、そのまた次の人と当事者の計4人で乗って試験が行われた。俺はなんと5番目。前の人のダメなところを学べるので非常に好都合だ。

試験はいわゆる「減点法」。100点満点でミスするごとに減点されてゆき、仮免の場合は90点を下回ったら不合格。なんと厳しいことに、たとえ走行中であろうが、下回ったとたんに「はい、戻りましょうか」とか言われてその場で終了するサドンデス方式でもあった。俺の前の人とその前の人は走行開始わずか5分もしないうちに不合格。「おいおいちっとも勉強にならんではないか・・。」そしていよいよ自分の番がやってきた。

試験は車に乗車する時から始まる。いわゆる「演技」をしながら乗車し、座席の位置やらギアのニュートラル確認、サイドミラー、シートベルトなどやることいっぱい。「じゃ、行きますか」の試験官の軽い一言で緊張は一気に頂点に達する。ブオーーーン。カキカキ・・。「おーい、開始早々何書いてんのよ試験官さん!?」。んーウィンカー出すの忘れてた!

コースを大きく回って交差点にさしかかる。ウィンカーを出してゆっくり曲がった。「はい、じゃー今日はココまで」

「えーーーーーーーーなんでーーーーーーーーーー?」

わけわからん。半ば伏目がちに説明を聞くと、曲がるときはもっと左に寄りなさいとのことだった。「くそー!」いつもでかい車乗ってたからセダン車だと車幅感覚が分からんのじゃ。縁石スレスレくらい寄らないと合格しないらしい。んー学んだ。でもくやちー!!

落ちた者に同情もなければねぎらいもない。最初からストレートでいけるとは思わなかったがさすがに凹んだ。センターに戻って次の配車予約をしに行くと。次の試験日は1週間後。「えーーー!?」不合格者が多いらしく予約もいっぱいだ。「一発免許なんて余裕だぜー」と思っていただけに先が思いやられた試練の1日だった。

仮免技能試験(二度目のチャレンジ)

前回「学科試験」は合格したので今回は「技能試験」のみだ。合格権利は6ヶ月間有効なのだ。さすがに会社の有給を使うのは惜しくなり、営業先を免許センター方面に寄せて合間受験だ。「今度こそ合格するぞ~!」と意気込んで乗車。2度目の演技はかなり完成されている。

ウィンカーもばっちりだし言うことなく前半戦終了。いよいよ中盤、コーナーを曲がり交差点に差し掛かる。カッチンカッチン・・。

キターーーーーー!

合格へ一直線だ!「S字クランク」を終えて方向転換だ。「ン?」方向転換は2回までの切り返しは許されている。どう考えても1回で入れるのは無理。なれば2回で・・・・あっ、無理ぃ~~。ひぇ~こんなのできるやつはおるんかい。

「はい、じゃー今日はココまで!」うおぉぉぉぉぉxx!!いやだーいやだー!

と言っても終わり。サドンデス方式に慈悲はない。くっそ。。。仕方なくまた予約を入れてショボショボ帰った。凹み過ぎて営業先でも玉砕された。 もーーーいやっ!

この帰りに喫煙所で一人のおじさんと仲良くなったのだが、この人はなんと仮免技能が今回で5回目だそうな。 たいへんだ。それに比べれば自分なんてまだ2回。 救われた。

仮免技能試験(三度目のチャレンジ)

今回は違うよー?目つきが違う。そしてラッキーなことに試験官も違う。今までの優しい試験官から厳しい試験官になった(苦笑)。一体どこまで俺を苦しめるんだー。今回の乗車順は3番目。前の人は女の人だったけどおいおい、方向転換うまいじゃねーか。2回でスムースに・・・・。エヘヘ悟っちゃいました。コツが分かりました。方向転換の前には頭振ってはいけないのかと思い込んでたんだけど振ってるじゃーん♪「これならいける!」そう思って3度目の大チャレンジ。

益々演技に味が出てきて試験官も満足気。中盤まではノーチェック。踏み切りの手前で何か書いてる「止めてくれー何も書かんでよろしわー」。そしてクランクを終えていよいよ方向転換。「えいっ」最初からおもいっきり頭振って、斜め方向からバック開始。試験官も何も言わない。しめしめ。おっ?おっ?終点が近づく・・・・はいっゴール!

やったーーーごーーーーーかーーーーく!♪

今まではそのままショボショボ帰っていたが今回は残って待つ。イスにふんずりかえって「うかったぜー♪」と周囲にアピール。うれしい!まじでうれしい。試験官が戻ってきて「はい、じゃー今度は本免許がんばってくださいね」って言われて交付場所で待つように言われた。待つこと40分くらいでようやく呼ばれた。「○○さ~ん」。紙きれに写真が貼ってあるだけのペラペラ免許。でもこれが欲しかった。かくして3度目のチャレンジで「仮免許証」を取得したのでした。いえーい!

同乗教習?なんじゃこりゃ?

仮免許証と一緒に1枚の紙をもらった。なんじゃこりゃ?どうやら免許を持っている誰かに同乗してもらい、10時間以上の「仮免路上教習」をしなければならいらしい。1日2時間やって5日間は開けろってことなんだな。仕方ないから嫁に頼んでやってもらうことにした。はずかしいことに乗ってる最中は車の前と後ろに「仮免運転練習中」と張り紙をしなければならい。家の周りをぐるぐる回って毎日2時間せっせとやった。後で仲良くなった人に聞いたら「そんなのやってないよ。適当に紙に書いてもらっておしまいさ」なんて言ってた。まじっすか?でもそれが実情らしい。でもちゃんとやった方がいいと思うね。本免試験はもっと厳しいからさ。で、無事5日経過したのでまた試験を受けに行くことにしました。

本免学科試験

仮免と違って今度は本免。学科試験も50問から95問に増える。イラスト問題も多い。またまた市販の問題集を買ってきてお勉強。今度はがんばった。「はじめー!」の合図でカリカリ答える。がははは、やっぱり問題はクリソツじゃー。ほんと最近の問題集はよくできておる。運転免許センターは問題集を何種類か使いまわしだからできる技なんだろうな。
終了時刻よりも20分も早く終わったので見直し、見直し。ムムム?見直せば見直すほど間違ってるかもしれないという迷いが生じる・・。やーめた!腕を組んで寝た。後は天任せジャ。

ビーーー。「ただ今より、○○の合格発表者を発表いたします・・・。」電光掲示板の前に並んで自分の番号のところを凝視する・・・・・・・・・・・・パッ!やったー!またもや一発合格!学科がこんなにできるとは思わなかったぜぃ。19才の時に受けたときは1回落ちただけに嬉しかった。そのままルンルンで適性検査の列に並ぶ。(中略)

本免技能試験

ううう~~、めちゃめちゃ緊張しちゃうぜ。本免技能試験は一般公道である。構内のコースを大きく回って一般道路に出る前で一旦停車。そこからが本番になる。仮免と違ってテストは試験官とふたりきりである。「じゃー始めましょうか?」なんて一声で試験開始。
やたら整備の行き届いた車はクラッチが軽いのでやりにくいんだほんとに。左右をよーく確認して路上へ出た。正直な話、本免は仮免よりも楽勝と聞いていただけにかなり余裕で運転していた。ある地点まで行くと試験官が「はい、じゃーここからセンターまではご自身で道を決めて走行してください」と言った。いわゆるフリー走行である。事前に地図をもらっていたので最短コースを選んだ。ここをまっすぐ行って・・・この先の信号を右に曲がって・・・・ガタンガタンガガガガッ!「ん~?なんじゃこりゃ?」「こりゃこりゃ!一旦止まってください。ここの制限速度は何キロですか?」試験官が言った。「え~っと・・・ゲッ!?」。一発合格ならず。本免試験はここで終わった。

なんと楽して選んだ最短コースは走り屋対策で20キロ制限になっており、道路にはキャッツアイがこれでもかと言うくらいに埋め込まれていた。自分はそれに時速40キロで乗り上げてしまったのであった。「あっちゃー!・・」ほんと運の悪い男だった。。

本免技能試験 燃える2回目!

にゃろ~!会社さぼって来るのもこの日で終わりだぜベイベー。いい加減嘘もバレそうじゃ。一般道路に出る前は前回と全く同じ。いっそのことこの車がラリー仕様だったら発信前にブオンブオン鳴らしてるとこだ。そこは抑えていざ出発。

またまた目的地に着いて試験官がこう言った。「ありゃ~、地図間違えちゃったなー」何?何を言っているのですか試験官?どうやら試験官は持ってくる地図を間違えてしまったらしい。試験官も人の子、そんな間違いもあろう。 でも自分には関係ないもんねー。「どうします?」の言葉に試験官「行きましょう」ってやたら前向きだねーったく。さーて予想外の展開に戸惑ったのは自分じゃない。試験官だ。自分にとってこのあたりは庭みたいなもんさ。一気にセンターへ帰還するぜ!

注意すべきは「速度制限」。曲がったとたんにいきなり40キロだとか、50キロだとか、今まで気にしなかったけど意外と細かいのだ。速度オーバーだけはしちゃいけない。そしてゴール!やりました!遂に合格です。わずか2回目にして本免許技能試験をパスしました。体育得意で良かった♪

ルンルルン♪メーンキョ!メーンキョ!苦節1ヶ月。ようやく開放されたー。と思ったら別室に呼ばれて説明が始まった。なんだー???

「えーあなた達は無事に合格したわけですがー・・・」といった祝辞を受けたあとに渡されたものはなんと!「取得時講習を受けてきてください」という紙だった。なぬぅ~まだもらえんのか?うぐぐ。。「取得時講習」とは公安委員会認定の教習所で受ける講習のようだ。まじっすか。長いな~道のりは。予想外の展開に合格した喜びも相殺されたわ!

取得時講習の様子

えーい面倒くさい。家から一番近い教習所でいいや。そう思って教習所に行った。「はいではこちらの書類に必要事項を記入して13,400円をお支払い願います」「えーーー!また金払うのかよー!」ったく免許失うとロクなことないや。しぶしぶ支払って教習を受けることになった。これが1日じゃ終わらないんだなー。

まず「応急救護」に1時限。で、複数で乗車、路上に出て運転者のいいとこや気をつけた方がいいとこを言い合う「ディスカッション」が2時限。教習所ってどの講習を何曜日の何時にやるって時間割があるから1日でやりたくてもできない。結局2日間も通った。「応急救護」なんて自分を含めて高校卒業したての女の子4人だもん。人工呼吸人形「アンちゃん」の肩叩いて「だいじょびですかー?」って真剣な演技ではずかしかったよ。ペア組まされたらどうしようかと思ったけどそれはなかった。さすがに考慮してる。

やられたのは「ディスカッション」。一緒に受けたのはいづれもやっぱり二十歳そこそこの兄ちゃんと女の子だったんだけど、俺はね彼らの事を思って「良いこと」を書いたのに、彼らったら容赦なく「あそこが危ないと思いました」だの「ここを注意したほうが・・」だの書いてくれました。「はい気をつけまーす」って言ってたけど内心は「おいおい、ドライブキャリア9年の俺様に何言っとんじゃー!お前らのほうが危ないぜ!」って感じだった。まーいいさ、あんたらとはこれっきりだからな。せいぜい楽しい安全運転を心掛けなっ・・・って感じほんと大人げない。

で、教習は無事終了。「終了証明書」をもらってこれでやっと免許証が戻ってくるぜー!

待ちに待った交付の日♪

痛い屈辱に耐えてもらってきた「終了証明証」を持って再び運転免許センターに出かけた。窓口に必要書類を提出して写真撮影に行く。毎回思うが「頼むから格好良く撮ってくれない?」という気持ちでいっぱい。それから随分待ったな。。1時間くらい待ち続けた。「○○さーん、お待たせしましたー」ようやく呼ばれ。やったー。やったよ!遂に念願の運転免許証を奪回したぜ!思い起こせば苦節1ヵ月半。費やしたお金は細かいの抜きにして約5万円。もう二度とドジは踏まないぜ~。あまりの嬉しさに「献血」しちゃおうかと思ったらもう終わってた。かくして「一発免許奮戦記」も終わったのだった。

面倒臭いからみなさん、免許は失効しないように気をつけましょう!